頂いたご質問のコーナーです!

さて、質問です。
いままさにワードプレスで会社の
ホームページを作っているのですが‥

作成してくださっている業者さんと、
意思の疎通が
いまひとつうまく行っておらず。

会社のメッセージや
世界観をどんな風に見せていくと、
先方にも伝わりやすいでしょうか。

コハさんが制作側としてこだわって
いることや、意識していることが
あれば、教えてほしいです。

とのことでした。

先日、法人化されたYさんからです^^ 有難うございます!

この記事は、無料でお悩みを相談いただける、coha design メールマガジンのバックナンバーになります。ご登録はこちら

クライアントさんとの意思疎通

制作者(デザイナー)から見ても、依頼者(クライアント)からも、なかなか難しいやつですね。

たとえば「美しい」1つとっても、その意味するところが違うので言葉でやり取りするのは、なかなかハードモードですよね。「同じ言葉だから、同じものを想像しているだろう」と思っていたら、フタを開けたら(出来上がったものを見たら)全然違う……となってしまうことも。

デザイナーあるある、でググると色んな叫びが上がっていました、、、

とはいえ、クライアント(制作を頼む側)からしても、

「絵になってみないと分からない」
「なんてオーダーすれば自分の理想に近づくか分からない」

のではないでしょうか。

分かりやすいのは美容院でしょうか。「こんな髪型にしてください」と言葉でオーダーするよりも、「イメージする髪型の写真を持っていくといい」……と言いますよね。

ウェブデザインの場合は、その写真が「1枚だけ」ではなく「3枚」あれば、その3枚から共通したトーンが漂うと思いますので、向こうはプロとして汲み取り表現してくれるはずだと思います。

なので、一番手っ取り早いのは

サンプルになるホームページを見つける!

なのですが、見つかるまでが大変なときもありますよね。。。

そんな願いを叶えるサイトがデザインまとめサイト。会社員時代から助けられています。いかに良いデザインを常日頃からストックしておいて、瞬時に呼び出し提案できるかというのもデザイナーの力量が問われるところだと思います。

以下2つは、私が特に好きなまとめサイトです。見ているだけで創作意欲が刺激されます^^

完璧一致のホームページは稀だと思いますが、この構成が分かりやすいと思ったとか、一部でも共通理解ができるとラクになるのではないでしょうか?

ちなみに、Web じゃなくても OK です

シャネルの広告が良かった、とか。このお店のポストカードが好き!とかこの本のイメージが近い、このポーチの色!などでも。

ただ、これはあくまで「好み」なので「目的」や「ターゲット」との擦り合わせで異なるようであれば後者を優先します。極端な例で言うと

好みでいえば「英語のおしゃれなサイト」だけど、客層は50代だから「日本語で文字サイズ大きく印刷も対応して要素を少なめに、分かりやすく!」……という感じでしょうか。

私がよくヒアリングで行うこと

  • お客さまの髪、服、小物などを見る
  • 色や言葉の傾向を探る
  • 好きなショップ、ブランド、映画、……
  • 理念からモチーフやストーリーを作る
  • 形容詞など3つを挙げていただく etc…

▼ 形容詞3つについては、こちらの記事に載せています!

その他インテリア、国、季節でも、何でも良いので挙げていただいて理由から入っていきます^^

とにかくお客様が出しやすい要素を挙げてもらって、1つずつ拾って背景を知るうちに、それらを束ねる共通の「コア」が出てきます。その「コア」を初めましての人にパッと伝えるには? ……ということを、ご提案(妄想)していく感じですね。

例えば「自分を見つける」がお客様に届けるテーマの方の場合は、TOPの背景が手紙風になっていて、「あなたが自分を見つけるための招待状が届きました」というストーリーを伝えるウェブサイトをご提案(妄想)したりしました。

おひとりお一人、伝わるものや好ましいものが異なるので、聴き方も質問もそれぞれになりますが……何らか参考となりましたら幸いです〜。