たまに東京に出て一日を過ごすと、都市部というのは(エリアにも寄りますが)気を抜いて過ごすことがしづらい場所だなぁ〜と感じることがあります。

たとえば道行く方々も、眉間にシワを寄せてこわ〜い顔で歩いていたり。スマホを見ていてぶつかってくる(ふらふらと歩いている)方もいたり……なんだか自然と、こちらも緊張した心持ちになってしまうのです。

なんといっても「広告が溢れている」と思うのです。

キャッチコピー、理想的なライフスタイル、モデルさんのイメージ、煽るものから染み込ませてくるものまで、本当にたくさんの量で……。

広告って、意地悪く言ってしまえば「不安を植え付けるもの」ですし、「みずから求めていない情報を流し込んでくるもの」。街中を歩いていると、そういった情報に曝されるのを感じるんです。 ねえ、本当の本来のもともとのわたし、それが欲しかったんだっけ?

どうして、これを買いたいと、得たいと思っているの? いつも自分に問いかける。そうしないと、東京ではときどき、頭が狂いそうになる。わたしの欠けている、足りないところばかりをあの手この手で指摘されるから。もっともっとと急き立ててくるから。

ある人に言わせると、まるで「気絶している状態」

気絶したままご飯を食べて、 気絶したまま会社に向かい、 気絶したままテレビを見て、 ゾンビみたいだと……

たとえば、東京に勤める会社員だったころのわたしは、まさしくゾンビだったと思います。。。 ^^; 笑

この記事は、無料でお悩みを相談いただける、coha design メールマガジンのバックナンバーになります。(一部をバックナンバーとして公開しています。メルマガ読者さん限定企画もあります♪)ご登録はこちら

自分がなにを感じているかが麻痺して分からなくなっていましたから、自然に触れてもちっとも心が動かなかったんです。 自然の美しさを説く人や文章に触れても、

へえ。それで、それが何になるの? わたし自然と繋がってるのよアピール?

みたいな感じ。自分のなかに、体感がないから、理解できないのです。

それよりも、頑張ってよく分からない「みんな」に合わせなきゃ、外れてはいけないから頑張らなくちゃ、と思っていました。 いちどこぼれ落ちてしまったら、一巻の終わりなのだから……。そんな切迫感がいつも隣にありました。 わたしが何を感じているか、はまったく気にも留めていませんでした。

いま振り返ると、ほんと、わたしゾンビだったわと思います。そんな状態で恋に落ちるわけがないし、触れたいと思われるわけもないし、仮に好きだと思える男性が現れても、うまくいくわけがなかった。 好きって、頭で考えて決めることじゃないんだから。

テレビ、ネットに触れている時間だけでなく、ところによっては外にいるだけでも多数の情報に曝される時代なのだな……そんなことを思ったんです。

地震で大阪の地面が 2cm 隆起したとのニュースもありましたが、これまでの「普通」が通用しなくなり、ますます「想定外」ばかりが多発するこのごろ。

それだというのに、自分や、誰かのこれまでの経験だとかノウハウだけを集め「頭」で物事を取捨選択していては、立ち行かなくなるのは明白……そんなふうに思うのです。

でも、それを認めたくなくて、あがくような行動をしている人や事件も乱発している(あるいは、そういったニュースばかりが流れてくる)ようにも感じます。

もちろん一方では、自分の選択にフレキシビリティと責任をもち、だからこそ人の自由も認めることができ、毎日を健やか・楽しく過ごしている人たちもたくさんいる訳で……(#^.^#)

改めて、わたしも自分の選択を大切に生きていきたいなと思いました。

そんなこともあり、個人使用での Facebook は辞めることにいたしました。

ほんのりとした違和感はあったものの、これまでたくさんお世話になったツールでもあるし、なにか工夫できないかと騙し騙しやっていたのですが 決定打なサインが下るといいますか、「ああ、もう辞めなさいってことだな」と……静かに心が決まりました(名残惜しかったですけれども)

そして、名残惜しいくらいのものだからこそ、手放したとき一体どんなものが入ってくるかも、楽しみです♪

エネルギーの向けどころを決断する

「コハとは、フェイスブックで繋がってるくらいでいいや」なトコロへ膨大なエネルギーを込めて、使っていくのは止めようと。実際にお会いできる、お会いしたい、本気な方々に向けていきたいなって。 会うに至らずとも、何かに反応くださって、ブログを見るとか、メルマガに登録するとか、アクションを取ってくださった方々にこそ、本気を注ぎ込もうと思っております!

(とはいえ、クライアントとのやり取りでも使っているため、「アカウントを削除する」ということは少なくともしばらく無いと思います。ご心配をおかけしてしまった方、申し訳ありません。念の為、こちらでも書かせていただきます)

より一層、熱く&長くなるかもしれない(汗)

はたまた音声やあるいPDFやらがとつぜん届くかもしれないメルマガですが、よろしければお付き合い頂けると嬉しいです!!(「!」を重ねて使うくらい気持ち込めています・笑)

わたしは、自分の頭は信用していませんが、体には全幅の信頼を置いてます

たとえば……頭で決めた人生スケジュールより、体が決めた人生スケジュールに従います。

具体的な例としては、わたしは、生理が来たら生理を最優先させます。

どれほど行きたい場所や旅だったとしても、会いたかった人だとしても、まわりに迷惑をかけてしまうことだとしても、「わたしの体は、わたしにそこへ行くな、今は会うなと言っているんだな」とか、「めちゃくちゃ重要、これが本丸だと告げているな」とか、「今はゆっくり過ごして欲しいと言っているんだな」と感じるのです。

後から振り返ると、その方が全体に良い流れだったりするんです。

体は宇宙、自然と繋がっているドアのようなイメージ

今のわたしでは理解しきれるはずがない。壮大で、深淵で、カオスなバランスのなかに成り立っている。それが体。自然。宇宙。

だけれど、今わたしたちがいる環境(自然がない都市部)では、その体の声を無視したり、分からなくさせるものばかりが溢れているなって思うんです。

  • 殺菌
  • 消毒
  • 体のにおいを消したり
  • 汗をとめたり(!)
  • 頭痛・生理痛がワルモノ扱い
  • 刺激的なコンテンツ
  • 中毒的な料理がいっぱい
  • コンクリートまみれで土がない

あるいは、自分の心からの意見を聴いてもらえる環境が少なかったり……。それはこうしたらいいよ、とか、それは間違っているよ、なんてジャッジの前に、ただ話を聞いてほしいのにって。

わたし自身、外の情報を入れず空っぽにする時間を設けていきます

&ご縁ある方々、必要としてくださる方には、本質的な情報や、なにかをお渡ししていけたらいいなーと思っています💕

ここまで読んでくださった皆さまからも、

  • なにか訴えたいことですとか、
  • こっそり思っていること、
  • ちょっと変じゃない?! なーんて日々感じられていることでも(笑)教えてくださると嬉しいです (#^.^#)

このメルマガでも、心からの言葉でお届けしていきますね。

他にもおすすめの記事はこちら