先日はWeb制作のご依頼をいただいたSさんと鎌倉にて、個別コンサルテーションを行いました。

この記事は、無料でお悩みを相談いただける、coha design メールマガジンのバックナンバーになります。(一部をバックナンバーとして公開しています。メルマガ読者さん限定企画もあります♪)ご登録はこちら

今回のクライアントSさんは、主にパートナーシップの悩みを持つ方に、個別やグループでのカウンセリングを行われている女性。

たおやかな美しさを持つ方ですが、しかしてその実体は「職人のような厳しい一面」もあり、そのバランスがとっても素敵な女性なんですよね。

(わたしの周りはそういう人が多いので、これを読んでくださっている方もそんな方なのではないでしょうか……)

打ち合わせのなか出てくるワードに、いちいち激しくうなずいてしまい……

「地味なんですけど、日々の当たり前のことをどれくらい丁寧にやれるかどうか」

「相手をただ見る、察していくうちに男性や世界がいとおしくなっていくんです」

「男性に対して、ふところに深い愛があるのを感じるんですよね」

Sさんがおっしゃっていたことの、ほんの一部ですが(そして記憶を頼りに書いているので、こまかな表現が異なるかもしれません)

ほんとうの意味での「色気がある女性」というのは、そんな慈愛がじわ〜っとにじみ出ている人なんじゃないかなぁ……と感じました。

かけ流し温泉のように、滔々とあふれ出てくる温かい気持ちを分けていたり、誰かが恥ずかしい思いをしないよう、細やかな配慮をできるようなかんじというのでしょうか。

そんな人のところで、わたしも一緒に時間を過ごしたいなぁ♪と思いますもん。

「色気」という言葉で思い出すのは……

わたしが、東京で会社づとめをしており毎日通勤していたころ。前にいた女性が、肩にかけたままの重たいバッグを「バシン!!」と音を立てて改札機に置いたことがありました。

おそらく、バッグの底板にスイカなどのICカードが入っていたのでしょうけど……ほんとうに、驚きました。

まるで自分が「バシン!!」と叩きつけられたかのように感じて💦 殺伐とした雰囲気に朝から半泣きになったのを覚えています。

あるいは、雨の日に訪れた本屋さんで。

常にバサバサと音を立てながら本を出したり、雑誌の上に本を落としたりしている女性がいらっしゃって(一体どうやったらそんなに大きな音が立てられるんだろう?と思わず見てしまうほど)

途中、ご自分の傘を床に置いたときも、「ガシャッ」と音を立てて……なんだか、そこにいたくなくて、見たかった本もそこそこに店を後にしました。なんだか、本や傘が泣いているような気がしました。

相手や、物に対しての対応は「自分への扱い方」が表れている

とっても勝手な言い分ですが、あの方たちは、ご自分に対しても乱暴な扱い方をしているんじゃないかなぁと感じたのです。

きっと麻痺しているのだと思うんです。そうでなければ、自分の立てた音であろうと、「大きすぎる、耳にうるさい」と感じるのではないでしょうか。

(自分が我慢していることだから)物に対しても、気づかずに行ってしまうんじゃないかと、自分がそうだったから重ねているのかもしれませんが。

わたしも物や人に対して、こういうこと、してないかな? 気をつけたいな……

そんなことを思ったのを、いまでも覚えています。

もちろん反対に、とっても上品な色気を醸し出す女性にも、男性にも、お会いしております♡

毎日のちいさな小さな積み重ねがあってこそ匂い立つものだと、見て分かる美しさにハッとさせられるような方々……。目の、心の、魂の保養ですね✨

あなたが最も嬉しくなる「あなたの扱い方」を知るには?

話は変わるようですが……これを読んでくださっているあなたは「どんな褒められ方をしたら嬉しいですか?」

  • かわいい、が嬉しいひと
  • 綺麗だね、が嬉しいひと

または男性の方だと、どんな言葉でしょうか。

……ちなみに、一例として。。。わたしは

「色っぽい」
「いい女」

と言われると、嬉しいのですよね。本来の色気というのは、いやらしいものではなくて、生命力が満ちていて、惹きつけられるような磁力だと思っています。そして、そんな女性に憧れますね。

宜しければこれを読んでくださっているあなたも、「こんなことを言われたら嬉しくなっちゃう!フレーズ」を、ぜひ思い浮かべられてみてくださいね♡

体温が高くなったり、熱くなってきたり、きゅんとするなら、そのフレーズで間違いありません♪

自分の大事な人(パートナー)は、どんな褒め言葉がいちばん嬉しいのかって、案外知らないそうです。

……そして、自分自身に対してもそうかもしれません。

思わず「うふふ♡」という気持ちになることって、どんなに小さなことでも、バカにできないパワーをもつご自愛法だと思います。そして、そんなケアをたくさん知っていることは、素晴らしいですよね。

わたしがこのメルマガを始めたのは……

お客さまから「メルマガについてのご相談」を受けたことがキッカケです。

やったことが無いものは、お答えが薄っぺらくなってしまうのを感じて、実践と勉強もかねて。そして、やるからには読者さんがホッとしたり何か持ち帰れるものにしたい! と、試行錯誤している最中なのですが……

Sさんを始め、これまでとはまた違った繋がり方が生まれたり、わたしの思いや、メッセージの届き方が、これまでとはまた違う回路であることに気付かされます。メルマガって、すごい。

いつも読んでくださる方、今回新しく登録くださった方、感想をくださる方、質問をくださる方……本当にありがとうございます!

今回、その感謝をお伝えしたいし、はたまたどんな方が読んでくださっているのか知りたい、お話ししたい! というわたしの思いもありで「ゆるゆるおはなし会2」を行うことにいたしました。

おおよそ、おひとりさま 20分くらいでゆるっと雑談トークを Facebook通話にて行います ^ ^(もちろんお金はいただきません)

前回、参加くださった方にも楽しんでいただけたようで(わたしも楽しかったです!)皆さま感想をメッセージで送ってくださったり、Facebook に投稿してくださった方もいらっしゃいました(泣)書いてください、など頼んだわけではなかったのですが💦

またこうした企画も行ってまいりますので、よろしければメルマガでお会いできますと嬉しいです。

それにしても今年は連日の猛暑、すごかったですね💦

わたしは学生のころからパソコン・ネットが好きで、そればかりやっていた人間ですから、……ここぞとばかりに引きこもってました(笑)

そのうち、「起きたら家中の床を水拭き」するようになりました。以前から「良い」とは聞いていたのですが、トライには至らず重い腰が上がらず…… ^^;

でも、やってみたら凄い!!

床がキラキラッと光るし、二の腕の運動にもなるし(笑)無心になれる。

飽きっぽい自分がはたして続けられるかは定かでないですが(笑)サラッとしたフローリングの感触がとってもキモチイイ〜ので、続けたいなぁと思っています ^ ^

友人がプレゼントしてくれた無農薬のマイヤーレモン精油を少し(キリッと苦味のあるレモンの香り)&「伊勢のお塩」を溶かすコンビがお気に入りです♪

マクロの視点とミクロの視点

それにしても、床に手をついて、いわば蟻のような視点で家を見ることって、なかなか無いんだなあと思いました。

こうして眺めてみると……すみっこの方とか、掃除が甘かったなぁ……とか見えてきます(笑)

マクロ、俯瞰の視点ばかり追うのではなくて、ミクロ、極小からの視点も時に持てると良いですよね。(たとえば、Web制作でも未来における可能性まで広げながらも 1ピクセルにこだわる世界!でもあり……だからこそ難しく面白いです✨)

つい、視点が小さくなってしまいがちだけれど、ふっと外して大きく眺めることもできる。「ない」ものではなく「ある」ものを認識できる。そんな人も、色気があるなあ、と感じた次第でした。