二子玉川にて、リンパマッサージ&よもぎ蒸しのサロンを主宰されているパーソナルセラピスト飯嶋ひろ子さんへのインタビュー後編です!

前編では「ホームページを作る前に感じられていたこと、コハデザインを選ばれた理由、作ったことで感じられたこと&変わられたこと」をお聴きしました。

飯嶋ひろ子さん(パーソナルセラピスト)
二子玉川むくみを脂肪・コリにさせないサロン「カラーズ」
リンパマッサージ、腸セラピー、よもぎ蒸し、ホットストーンなどを用いて、むくんで滞ったお体をじっくりほぐし出口まで流せるようなオーダーメイドの「あなただけのメニュー」を提供されています。

世界観デザイナー・コハ
コハ

この「後編」では、より具体的な制作時のエピソード、ひろ子さんから見て思う「集客のコツ」ブログ記事の書き方などをお聴きしていきたいと思います!

▼前編はこちらです

現在、飯嶋ひろ子さんはリンパマッサージや腸セラピー、よもぎ蒸しなどの提供にとどまらず、自宅サロンを始めたい方や、起業をしたいと思われている女性への「ブログ発信・書き方講座」や「サロンインテリア同行ショッピング」などの、コンサルタント業も行われています。

そうして「上手くいくセラピスト」と「続けていくのが難しいセラピスト」を見ていくうち、

「好ましいと感じるホームページまたはブログ」と「なんだか残念に感じるホームページまたはブログ」の違いって、何なのだろう? と探られていったら、ある違いに気がついた、と教えてくださいました。

カラーズ飯嶋ひろ子さんの思う、WordPress サイト制作で大事なこと

世界観デザイナー・コハ
コハ

ひろ子さんから見て、サイト制作をコハデザインに頼んで良かった!と思われるポイントってありますか?

二子玉川むくみを脂肪・コリにさせないサロン「カラーズ」オーナー飯嶋ひろ子さん
カラーズ飯嶋ひろ子さん

そうですね……ただ WordPress を作るだけだったら、プロに頼まなくても出来るとは思うんです。だけど、いろんなサイトを見ていると、やっぱり違う。なにが違うんだろうと。大きな違いは「導線が分かりやすいこと」だと感じました。

メニューにたどり着けることがとっても大切。ただホームページがある、っていうものと、プロに頼んだときにその違いが大きい。導線の分かりやすさはとても大事だなと思います。

世界観デザイナー・コハ
コハ

たしかに……。仕事で使うのであれば「命綱」に近いものですよね。せっかく「ある」のにメニューや読んでほしいものに辿り着いてもらえなかったら、サイトに来てくれてPVが高いとしても「で?」という。もったいないですよね。

二子玉川むくみを脂肪・コリにさせないサロン「カラーズ」オーナー飯嶋ひろ子さん
カラーズ飯嶋ひろ子さん

ホームページを持っていればアクセスが上がって、SEOも上に行くと思っている方が多いですよね。でも、そうじゃないじゃないですか。実際は。

世界観デザイナー・コハ
コハ

そうですね、業者の方も、WordPressで作れば大丈夫、SEOに強くなるからみたいな売り込み方をしていますもんね。間違いではないけれど、作ったらおしまい、ではないのに。

二子玉川むくみを脂肪・コリにさせないサロン「カラーズ」オーナー飯嶋ひろ子さん
カラーズ飯嶋ひろ子さん

サイトを持ってから、皆さんに「WordPress 持っていたら良いですか?」「作ったらいいですか」って聴かれるんですけど、その質問って、「WordPress 持ってたら大丈夫ですか」というスタンスが表れている気がして。

だから最近は「変なの持つんだったら、持たない方がいい」って言っちゃいます。それでイメージが固定されちゃうから。

世界観デザイナー・コハ
コハ

自分でサーバーを借りて、ドメインも取得したら、固定費がかかりますしね。なんで作っちゃったんだろう?ってなってしまうなら、まずはアメブロでいいと、Webデザイナーのわたしも思いますね。

二子玉川むくみを脂肪・コリにさせないサロン「カラーズ」オーナー飯嶋ひろ子さん
カラーズ飯嶋ひろ子さん

そうそう。だから、アメブロと Facebook で、とオススメするんですけど、みなさんホームページ持てば……っていう、上位に行くっていう思い込みがあるんですね。

StockSnap / Pixabay

そう、サロンセラピストが「なぜブログを書くのか。ホームページを持つのか?」といったら、やっぱり「人を集めたいから、サロンに来て欲しいから」だと思うんです。ブログが欲しいから、ホームページが欲しいからじゃないですよね。(笑)

ここで、2〜3ヶ月予約待ちになってしまうほどのブログ集客を行われている、ひろ子さんの「ブログの書き方」をお聞きしちゃいました!

サロンに来てもらうために。「集客するには、ブログに何を書いたらいいの?問題」

世界観デザイナー・コハ
コハ

ひろ子さんがブログを書くときに、気をつけていること、意識されていることを教えていただけますか?

二子玉川むくみを脂肪・コリにさせないサロン「カラーズ」オーナー飯嶋ひろ子さん
カラーズ飯嶋ひろ子さん

頭に置いていることは、読んでいる人が「良いイメージを最終的に持って帰れること」ですね。

たとえば、よもぎ蒸しや施術に関して記事を書きますよね。これを受けると、あなたはこうなります。こんなに良くなりますよ。というのを。情報提供じゃなくて、読んでいる人に「あなたの結果をイメージさせる」文章を意識しています。

世界観デザイナー・コハ
コハ

たとえば「こんな状態になっていますよ」という具体的な例を出したり、ですか?

二子玉川むくみを脂肪・コリにさせないサロン「カラーズ」オーナー飯嶋ひろ子さん
カラーズ飯嶋ひろ子さん

そうですね。むくみがひどいお客さまに、こういう施術をしました。こうこう良くなりました。これを読んでいる方々も、こうこうなれますよと。わたしはこれを記事の最初に持ってきちゃうんです。

たしかに! 最初に、未来を想起させるライティングが入ってます。なるほど、だから、ひろ子さんのブログって読んでいて面白いのか……と思いました(インタビューしつつ勉強させていただくわたし)

「あなたはどうして太ったか?」の説明は、要らない。「冷え」って書いても、人は来ない。

二子玉川むくみを脂肪・コリにさせないサロン「カラーズ」オーナー飯嶋ひろ子さん
カラーズ飯嶋ひろ子さん

セラピストの方で、「どうして太るのか」をブログ事に書く人がいますが、サロンを探しているお客さまは「太った理由を知りたくて」来てるんじゃないですよね。なぜ太ったか?を語られても、ワタシは嫌だなって。太る理由を知りたいのではなく、痩せたいからブログを読んでいる。

ここ(サロン)での情景が思い浮かぶように。この施術をしたから喜ばれました、という施術の説明を語るのではなく、シーンを描くようにしています。

世界観デザイナー・コハ
コハ

たしかに! ひろ子さんの記事で、お水を飲む量やトイレ回数も見て施術を少し調整したり、帰りがけに個別のアドバイスも……という記述でも、お客さまとサロンがイメージできました。マッサージも、イメージできる記事で。

二子玉川むくみを脂肪・コリにさせないサロン「カラーズ」オーナー飯嶋ひろ子さん
カラーズ飯嶋ひろ子さん

内藤さんに特訓させられました。(笑)毎回「で、その人どうなるんですか」って必ず言われて。

世界観デザイナー・コハ
コハ

あはは!(笑)勲さんのスパルタ特訓の賜物なんですね。

二子玉川むくみを脂肪・コリにさせないサロン「カラーズ」オーナー飯嶋ひろ子さん
カラーズ飯嶋ひろ子さん

もう何を書いても、入れるようになりましたね。(笑)

冷えって書く人も多い。黄土よもぎ蒸しをやる人も、黄土と書きたがる。でも、たとえば「冷え」って入れて、検索しますか? 「黄土」って言葉よりも、検索される言葉があるんですよって。

▼ひろ子さんを変えた、敏腕コンサルタントな内藤勲さんについては、こちら♪(この記事冒頭にある写真も勲さんの撮影によるものです)

いかがでしょうか。「飯嶋ひろ子さん」がどんな方なのか、読んでくださっている皆さんにも伝わっていると嬉しいです!

Free-Photos / Pixabay

そんなひろ子さんは大の沖縄好き! てぃーあんだ、というお店がとってもお気に入りで、沖縄に行くと毎日食べに行っちゃうんですというお話。

「これだ!!」と言うものに出会うと(たとえば遠赤外線ソックスやバルミューダその他たくさん)ものすごい集中力で極めていかれる方なんだな〜〜という側面。そんなひろ子さんのオススメに絶大の信頼を置いている方々がたくさんいらっしゃること。

そして、「温(on)」という「あなた」のスイッチを押して、滞っているものを流してくれる人。ゆるめて、笑顔にさせてくれる人。そんな印象を、暖かなオレンジを基調にデザインにしました。

ありがたいことに、ひろ子さんには

どこをとっても100点満点で、とっても気に入ってます。
このサイトを持ったこと、このサイトが在ることが自分の誇りや自信になっています。

次は「こうしよう、ああしよう」と言うのが浮かんできて。
他の人に頼んでサイトを作っても、こうならなかったと思う。

……というお言葉を頂いております😭

サイト制作を経ての、ひろ子さんのビフォーアフター、新しいサービスも

現在では、サロンメニューの提供だけでなく、多く寄せられる要望に応えるため「売れる商品ページの書き方1day講座」や、女性がひとりでビジネスを始めるにあたってのコンサルティング業も始められています。

以前は、「コンサルタント」=お金儲けしたいんだな〜、みたいなイメージがあったとおっしゃるひろ子さん(笑)(←ひろ子さんのこういった本音トークをしてくださるところが、わたしは大好き)

今は、むくみを流すことで、多くの方々に喜んでいただいているように、

集客やブログで悩んでいる人に自分の持っている情報をお伝えしたりサポートすることで不安を解消できる、それだけなんだと感じられているとのこと。パーソナルスタイリストの長部愛さんとコラボでファッションを楽しめるようになるイベントを行われたり。

今後も、ひろ子さんが「いい!」と感じた、「笑顔になったり」「楽しいという気持ちをONにしてくれる」エッセンスをイベント企画されていくとのことです。

物事にも、人にも適材適所がある。目的を取り違えると悲劇になる

結果を出せる人。素晴らしいですよね。

でも、「自分ができた」から=上手に教えられるのかというと、これはまた「別の技術が必要」で。自分が上手だからって、=人に教えられるとは限らない。

rawpixel / Pixabay

なぜなら、人に伝えるには「自分とは異なる体質、性格、バックグラウンドを持っている相手を察知し理解する技術が必要」だし、くわえて「相手との信頼関係」も築けなくては続けていけません。

ものすごく頭が良くてたくさん学んできたのかもしれないけど、教えるのが下手で眠くなっちゃう。生徒には慕われていない先生……いませんでしたか??

さらに言えば、教えるのが上手な人(人気のある先生)が、=生徒に結果を出させられるのか。というと、これも異なると思っています。

セミナーとかを想像してもらうと分かりやすいのですが、

「ああ、良い学びになった!」

そう言われるセミナーを提供していても、結果としてセミナー参加者が100%ジプシーしつづけているとしたら、そのセミナーはいっときの満足感を得るためのエンターテイメントショーかもしれない。ということ。

それは、あなたが求めている目的は何か? ということであって、どれが良いとか、悪いとかではありません。

  • 結果を出している人に会ったり話したいのか
  • 分かりやすく教えてくれる人がいいのか
  • 自分が抱える不満を解決できる人がいいのか

これを取り違えてしまうと、(とくに単価が高い商品を購入するときは)互いにとって悲劇が起きてしまうのではないでしょうか。何が言いたいかというと、あなたが求めているものを提供してくれる可能性がより高い人を見極めてほしい……!、ということ。

そのモッタイナイ誤解や、取り違えによるお金やエネルギーの消費をなるべくゼロにしたい。もっとたがいに快いエネルギー循環が生まれることへ注げるように。そのために、わたしは「デザイン」という情報伝達手段があると思っています。

ひろ子さんは、結果も出しているけれど、その前に苦労もされている方です。過去にコンサルタントに依頼してみたけれど、ちょっと、違うなあという経験もされています。パソコンが元からめちゃくちゃ得意! という方ではなく、1から進めてこられて、結果を出している女性です。

自宅サロンでの、導線を考えたインテリア。セラピストではなく柔術整体師に振り分けた方がよいケース。ただ綺麗な写真を撮ってくれるカメラマンではなく、セラピストが欲しい絵に長けたフォトグラファー。何か1つだけのメニューではなく、複数のメニューを取り入れることでより効果を高める施術方法。

セラピーやブログの書き方やインテリアや写真やら、1つ1つプロに聞いて相談して失敗して……をやっていくのはちょっと大変です。ひろ子さんに相談したら、一挙に解決できちゃいますよ!

ひろ子さん、インタビューに快く応じてくださり、ありがとうございました💗

お客さまに「温(ON)を見つけていただく」……とても温かい、笑いが生まれる、そしてプロフェッショナル!な、二子玉川のサロンです。人気すぎて予約を取るのが至難の業ですが……自信を持って皆さまにオススメいたします✨

▼コハデザインで制作させていただいた、飯嶋ひろ子さんのホームページはこちらです。

▼コハデザイン提供サービス「発信を始める!シンプルに始める WordPressプラン」