あなたの大切な人は誰ですか?

つくづく「美しい仕事とは思いやりだなあ」と感じます。

以前、わたしの思う「仕事論」を述べさせていただいた際、わたしは下記のように表現しました。

でももし、神様から受け継いだ神事を、嫌な顔をして行っているとしたら……? 結果として、周囲にイライラを振りまいているとしたら……?

それが仮にお金になっていたとしても「仕事」ではないと、わたしには感じられます。

たとえ多くのお金になっていなかったとしても、神聖な気持ちで向かう事ができ、周りの人に繋がる行為なら、わたしはそれを「仕事」だと感じるでしょう。

これって、「相手への思いやりがあるか、どうか?」へと言い換えられるなあって思うのです。

「思いやり」は「押しつける」ものじゃない。

「思いやり」って、

「押しつけ」じゃないのですよね
「おざなり」でもない。

「真心から」出てきたもので
「下心から」じゃない。

相手によって、程度や角度や強弱を調整させられるようなイメージ(たとえば、料理人がその日の温度や湿度、素材に応じて塩加減を調整するような)

思いやりがある人の「仕事」は、

  • 相手がどんな状態かを見て、それに合わせて最良の結果を目指すだろうし
  • たとえば Webサイトなら、相手を想像して読みやすさや伝わりやすさを工夫するだろうし
  • ずっと同じサービスのままでは我慢できず、グレードアップしていくだろうし
  • たとえ求められたとしても、最適でなければ提供をしないだろうし
  • トラブルが起きたとき相手を責めるのではなく、どうするかを考えるだろうし
  • 相手が理解してくれないなら、どうやって説明したら分かるかを意識するだろうし
  • 必要であれば、自分が離れることもいとわないだろうし、相手の行動を信じるだろうし・・・

いくらでも細かく描写すると、出てきちゃいますが。笑

細胞が喜びで震えるような出会い

以前、とある小さなカフェに寄って、(なんにも期待せずに)ウインナーコーヒーを頼んだところ。

ものすご〜く丁寧に、しかしムダなく、そして美しい所作で、適切な時間をかけ淹れられていくのです。これを眺めているだけで「お金を支払った価値があるくらいだなあ」なんて思っていたら

「……えっ、なんですか、これ!!」

と叫びたくなるような、細胞が喜びで震えるような美味しさ。

翌日になっても、彼と

「あのウインナーコーヒーは何だったんだ……」

と話してしまうくらい、思い出すだけで幸せになっちゃうくらいの驚きの体験をしました

あんなクオリティのカフェがあるなんて……。(ちなみに、食べログに載ってませんでした)あれぞ神事。(わたしにとっては)

まだまだですけど、わたしもあのような、美味しすぎて世界がひっくり返るような、そんな仕事をしていきたいなと思います。

「あなたが大切なこと」を「あなたが大切な人」へ届けることが最初

わたしは、大切な人に、大切なことをお届けしたいと思うとき、いちばん「思いやり」パワーが込められるなあと感じるんです。

ターゲティング、とか、お客さんを絞って、とかじゃなく。

あなたにとって大切な人は誰ですか?

あなたが大切なことを丁寧に届けたい人は誰ですか?

この記事は、無料でお悩みを相談いただける、coha design メールマガジンのバックナンバーになります。(一部をバックナンバーとして公開しています。メルマガ読者さん限定企画もあります♪)ご登録はこちら

合わせておすすめの記事はこちらです