【一部公開】『洗たくマグちゃん』に見える、そのひと&フォロワーの思想(霊性)状態

皆さまも、各種SNSなどでご覧になっているかと思います。『洗たくマグちゃん』に関するアレコレ。

まずは、ザックリと事のあらましを追いかけてみましょう

Facebook などで見るに、議論となっているのは、Yahoo! でも取り上げられたこちらのネット配信ニュースのようでした。

 

2021年4月27日(火曜日)

「洗たくマグちゃん」根拠なし 消費者庁が再発防止命令 4/27(火) 17:01配信

 

「洗たくマグちゃん」に根拠がない、というニュースでした。効果、ではなくて、根拠ですね。

 

販売会社側による説明は

弊社は、令和3年4月27日付、消費者庁より景品表示法第7条第1項の規定に基づく措置命令を受けました。

「洗たくマグちゃん」の消費者庁の措置命令についてお詫びとお知らせ

 

その「景品表示法」とは何でしょう?

景品表示法

消費者なら、誰もがより良い商品やサービスを求めます。ところが、実際より良く見せかける表示が行われたり、過大な景品付き販売が行われると、それらにつられて消費者が実際には質の良くない商品やサービスを買ってしまい不利益を被るおそれがあります。

景品表示法は、商品やサービスの品質、内容、価格等を偽って表示を行うことを厳しく規制するとともに、過大な景品類の提供を防ぐために景品類の最高額を制限することなどにより、消費者のみなさんがより良い商品やサービスを自主的かつ合理的に選べる環境を守ります。

消費者庁 ― 強調は記事筆者による

 

今回、その法のもと、消費者庁より

「洗たくマグちゃん」の表示(パッケージや商品コピー文言)って、盛りすぎじゃない? 売るために消費者へ偽ってない? という指摘を受けたのは、下記の点でした。

 

1.消費者庁に認定された事実

弊社は、遅くとも令和 2 年 7 月 30 日以降、「洗たくマグちゃん」、「ベビーマグちゃん」及び「ランドリーマグちゃん」(以下、「本件商品」)について、例えば容器包装において「洗剤を使わなくても大丈夫なお洗濯」、「部屋干しのイヤな臭いをスッキリ解消!」、「菌の抑制」及び「除菌試験により99%以上の抑制効果が確認されています」等と表示することにより、あたかも、本件商品を使用して洗濯すれば、本件商品の効果により、洗濯用洗剤を使用して洗濯した場合と同程度に洗浄する効果、部屋干し臭の発生を防止する効果、及び菌を99%以上除菌する効果が得られるように示す表示をしておりました。

消費者庁からは、これらの表示が、本件商品の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示すものであり、景品表示法に違反するとの指摘を受けました。

2.措置命令の内容

弊社が受けた措置命令の概要は、以下のとおりです。

① 前記の事実について、消費者庁長官の承認を受けた方法にて一般消費者に周知徹底すること
② 今後、本件商品または同種の商品の取引に関し、上記と同様の表示が行われることを防止するために必要な措置を講じ、これを役員・従業員に周知徹底すること
③ 今後、本件商品または同種の商品の取引に関し、表示の裏付けとなる合理的な根拠をあらかじめ有することなく、上記と同様の表示をしないこと
④ ①に基づいて行った周知徹底及び②に基づいて行った措置を消費者庁長官に文書をもって報告すること

「洗たくマグちゃん」の消費者庁の措置命令についてお詫びとお知らせ.pdf ― 強調は記事筆者による

 

  • 洗剤を使わなくても大丈夫なお洗濯
  • 部屋干しのイヤな臭いをスッキリ解消!
  • 菌の抑制
  • 除菌試験により99%以上の抑制効果が確認されています
  • 洗濯用洗剤を使用して洗濯した場合と同程度に洗浄する効果
  • 部屋干し臭の発生を防止する効果
  • 菌を99%以上除菌する効果が得られる

……これらのパッケージに書いてある事柄について、実証となる根拠となるデータはあるんか? 見せてね? 無いなら改めてね? ということだと思われます。

 

……いかがでしょう。

わたしは、今のところ「それは、そうだよな」という思いです。

利権がどうのとか、あまり感じません。

 

むしろ、リケンなるものがあるとしたなら。

自分たちは叩かれやすいポジションであることを知り、そうした活動を行っていくと決めたならば、そここそ一番怠ってはならない(つけいるスキを与えてはならない)んじゃないかと思います。

 

おそらく、問題となるのは続いてのニュースで…

効果なし「洗たくマグちゃん」 実験は小さなビーカーのみ、宮本製作所「心よりおわび」

消費者庁は27日、洗濯補助用品「洗たくマグちゃん」を洗濯機に入れると、マグネシウムの効果で洗剤や柔軟剤を使わずに洗濯できると表示したのは根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、販売する「宮本製作所」(茨城県)に再発防止などを命じた。対象は布製の袋に粒状のマグネシウムが入っている商品で、他に「ベビーマグちゃん」と「ランドリーマグちゃん」も含まれる。

同庁によると、宮本製作所は昨年6月以降、包装や自社ウェブサイト上で、商品を洗濯機に入れると「水道水がアルカリイオン水に変わる」「洗浄力は洗剤と同等」「除菌効果は99%以上」などのほか、部屋干し臭も防ぐとうたっていた。

◆実験は1リットル未満のビーカーのみ

しかし消費者庁が根拠の提示を求めたところ、1リットル未満の小さなビーカーでの実験結果しかなく、家庭用の洗濯機での効果は確認できなかった。

宮本製作所は「多大な迷惑を掛け、心よりおわびする。命令を真摯に受け止め、再発防止に努める」とのコメントを出した。(共同)

東京新聞『効果なし「洗たくマグちゃん」 実験は小さなビーカーのみ、宮本製作所「心よりおわび」』

というニュースが流れます。

 

これを受けて、販売会社である宮本製作所は報道訂正を要求しました。(正確には、NPO法人食品と暮らしの安全基金という団体から?)

 

「洗濯マグちゃんに効果なし」とマスコミが報道しています。これは4月27日、宮本製作所に、商品の表示を改善するよう措置命令を出したと、消費者庁が記者会見したためです。

しかし、「洗濯マグちゃんに効果なし」の根拠は間違っているので、記事を配信した共同通信に、訂正要求を送りました。その文書は以下のとおりです。

(中略)

2014年に、家庭の洗濯機でマグちゃんだけで洗濯する幾重もの実証試験をスタッフが行いました。さらにマグちゃんだけで洗濯する30人のモニター調査を行なって、「よく落ちた」と回答した人が各衣料全体で59.5%だったので、「安全すたいる」から発売した経緯があります。

したがって、「家庭用の洗濯機での効果が確認できなかった」は、完全に間違った報道です。

NPO法人食品と暮らしの安全基金(日本子孫基金)

 

ここで根拠として述べられているのは、

スタッフと30人のモニター調査で「よく落ちた」という解答が59.5%だった、ということなんですね……これでは、たしかに消費者庁にデータとして提出できないよなあ、と思います。

 

そのうえ、もし、この「実験データ」だけで、商品パッケージにおいては

  • 洗剤を使わなくても大丈夫なお洗濯
  • 部屋干しのイヤな臭いをスッキリ解消!
  • 菌の抑制
  • 除菌試験により99%以上の抑制効果が確認されています
  • 洗濯用洗剤を使用して洗濯した場合と同程度に洗浄する効果
  • 部屋干し臭の発生を防止する効果
  • 菌を99%以上除菌する効果が得られる

などと謳っていたならば、やり過ぎじゃないかと思います。「99%以上除菌できるんだ」って思って買う人が生じるでしょうから……

(わたしの邪推に過ぎませんが、除菌99%以上というのが、ビーカー内の実験だったのではないでしょうか。となると、和牛の仔牛から血を分けたから、中国で育ててもWAGYUみたいなノリに感じますよね)

 

わたしが現在ざーっと追いかけてみて、焦点となるのは上記でした。

 

まとめてみます。

1.消費者庁から法に反した商品パッケージの注意が入る。それを裏付けるデータを開示するか、商品パッケージの修正を求められる(措置命令)。
2.会社側は、これを受けて要求された現状の周知徹底、そして商品パッケージや、サイトにおける表記の変更を決める。
3.こうしたトラブルの再発防止を掲げるとともに、迷惑をかけた消費者へのお詫びを会社側が表明する。
4.当日、さらに共同通信による続報ニュースが出る。それによれば、「正しいデータもない」のに(ビーカーでしか実験しておらず、洗濯機では実証がないにも関わらず)販売していた商品には「効果がなく」消費者への「お詫びをする」という報道タイトルへ捻じ曲げられていた。
5.なにそれ違うんですけど!! 誤った配信はやめてください!!←イマココ

 

さて、こうした事実関係を知った上で、これらのニュースや世間の視線集中を受けて、それぞれに、皆さんはどんなリアクション(反応)を示しているでしょう。

(1)販売会社への不信、あるいは援護を表明する人

「そんな、ひどい!」「騙されていたのか」「返金しろ」と、会社や商品に対する怒りを感じた人たち(……でも、ざっくり検索した限り、あまり見つけられませんでした。きっと Yahoo!ニュースのコメント欄などで、匿名のもと好き放題かいているのでしょう)

 

あるいは、製作所へ激励のメールを送りましたとか、わたしは今までずーっと使ってきた、汚れ落ちも満足しています! などの実体験を綴る人たち。

 

いずれにせよ、消費者庁が「それならよし!(誤った商品を認めてしまったらオシマイだから)」と言えるような具体的なデータではなく。

あくまで一個人の感情論。

自分たちの感情(へんなものにお金使って損した! または、 わたしが使って認めているものをダメって言うな!)が第一優先の反応を SNSで発信する人たちがいるなと。

 

つづいて、なんらか関わる活動をしていて、自説へ取り込みたい方々の発信に行きましょう。

 

(2)利権構造、社会への不信や怒りを表明する人

「そんな、ひどい!」「こうやって利権に潰されるんだ」と、陰謀めいた話をセットで持ってくる人たち。

違う会社の事件などを混ぜてあります。

「巨大なお金の流れ」がこうした出来事を引き起こしているのだ、という自説が入ってきました。そうかもしれません。ですが、必ずそうなのだ、という根拠は述べられていません。

 

この記事はメルマガ読者限定記事になります。

この記事の続きは、coha design メルマガにてお送りするパスワードを入力してお読みいただけます。

【読者限定】『洗たくマグちゃん』に見える、そのひと&フォロワーの思想(霊性)状態
いま『自然派チーム』で熱いのは、こちらの話題ではないでしょうか。 皆さまも、各種SNSなどでご覧になっているかと思います。『洗たくマグちゃん』に関するアレ...

ウェブサイト上で「あなた」を表現することをサポートするデザイナーです。あなたの持つ個性・魅力が、まだ知らない方へと伝わり、素晴らしい出会い・仕事・コミュニケーションを生み出していく「世界観デザイン」を提唱、お届けしています。

あなたをもっと美しく自由にするメールマガジン
世界観デザイナーのコハです。 この無料メールマガジンでは、多くの方々が閉じてしまいがちな「あなたご自身」のこと。 魅力、ギフト(才能)といった「あなた唯一無二の個性」を開放していきたいと思います。
メルマガ読者限定
あなたをクリスタライズする coha design
タイトルとURLをコピーしました