『偽りの世界観』と『本来の世界観』

自分の「世界観」を考えて見たことはありますか?

「私」を突き放して、1人の人間として、眺めたことはありますか。

「自分」という視点でしか見たことがない人ほど、

誰かに言われて傷ついたことや、悲しかったこと、怒りを感じたこと、または褒められて嬉しかったこと、といった「他者目線」「他人軸」に捕らわれています

それは、「私」ではないのです。

小さい頃に誰かに言われた一言。
親にたしなめられたこと。
兄弟を見て、避けてきたこと。
誰かが上手くいった方法を真似する。

これらは言ってみれば「偽りの世界観」なのです。誰かのレッテルで出来ています。

ずーーーーーっと、それらを見てきた。
ずーーーーーーーっと、あなたと共にいる「私」。

「私」の本来の世界観に、目を向けてみましょう。

耳を傾け、1つでいいから、受け留めてあげましょう。

あなたはきっと、驚くはずです。
こんなに簡単で、こんなにも楽に生きられるのかと。

タイトルとURLをコピーしました