②肉体〜霊体。魂の闇夜を超え、自由を獲得するために【用語定義】

▼この記事からの続編になります!

前編では、わたしが考える「空」から「魂」にいたるまでを紹介しました🕊 続くこの記事では、「魂」から最も低次の「肉体」までを扱っていきます。

なお、前編から共通して、ここで出てくるオカルトめいた単語はすべてシンボル象徴です。だから、そこに込められた意味合いは人によって異なるし、情報量も読み手によって変動します。コハが思う解釈をご紹介しています。

グルジェフ
グルジェフ

真の知識は伝達されえないが、シンボルで表現されることによって、それはちょうどヴェールでおおわれるようにシンボルでおおわれる。

けれども、見たいと望む者、あるいはその見方を知っている者には、ヴェールは透けて見えるのだ。だから、この意味でなら話のシンボリズムについて語ることもできる。『奇跡を求めて』

魂が物質化していくまでの流れ

さてさて、「空」から生まれた、“あらゆる可能性を知りたい”という好奇心が「ハイアーセルフ」へ、そして「セルフ」まで落ち込んできました。

▼先の記事で、以下の表を紹介しました。

(Soul)=単一の魂
時制がない
ハイアーセルフ
中間管理職
セルフ(自己)
反射的な反応
エゴ(自我)
進化、変容自然、健全影、カルマ
この表でもっとも低次に当たる「エゴ」「セルフ」から見ると分裂した「わたし」で、どれも自分です。多層構造で、説明上は4つの体(次元)を持ちます。
▼図にすると、こんなイメージになります。

①セルフ(②〜⑤の体が一致した状態。全存在)/②Spiritual Body、霊体(コーザル体)/③Mental Body、思考(メンタル体)/④Emotional Body、感情(アストラル体)/⑤Physical Body、肉体。左:高次から、右:低次へと向かいます。

セルフより低次の4つの体に「2色ずつ」あるのは、陰陽が発生しているからです。わたしが思うイメージカラーを置いてみました👀

魂=自己
〈セルフ〉


霊体
〈第四の体〉
思考
〈第三の体〉
感情
〈第二の体〉
肉体
〈第一の体〉


全体像を眺めたところで、また1つずつ見ていきます。

コハ
コハ

前編では「空」から降りていきましたが、今回の後編では反対に、肉体の方が把握しやすいと思うので最も低次の「肉体」から上がっていこうと思います🕊

①肉体=物質

わたしたちが触れ、感じ、味わうことが出来る、まさしくそのまんまの「肉体」です。陰陽は「交感神経(動)/副交感神経(静)」「壊す/作る」「炎症(免疫活性)/鎮静(免疫不活性)」などが象徴されます。

活動と休息、あるいは昼と夜。
この2つの互いに逆向きなエネルギーがぶつかりあい、生命維持がなされている状態。動的平衡どうてきへいこう、ホメオスタシスが起きている物質体が「肉体」です。

第一の体に対応する意識は「本能的反応」です。そこでは、自分が生きていくために必要な欲求が最優先されます。そこに思いやりや他者は存在はしません。ここを満たさないまま次の次元=相手や感情 or 損得や社会通念を意識しすぎると、自罰的・犠牲的な生き方になります。

グルジェフ
ケン・ウィルバー

身体は自己から所有物、すなわち「自分のもの」ではあるが、「自分」ではないものに格下げされている。

止まることなく、ずっと活動していたい!(それが行き着くのは交感神経優位で休めない、過度な緊張とストレス、組織破壊)
または、動きかずにず〜っと休んでいたい(それが留まるのは副交感神経優位、低体温・低血圧、だるさ、排泄の亢進)と思っても、わたしたちの肉体は分割できません。どちらか一方が過剰、または不足すると健康を害します(自律神経失調症)

ややこい話

📝マニアックトークが好きな方だけお読みください〜

スピ用語で「肉体」の次と言えば「エーテル体」がよく登場しますよね。
わたしは、代替療法の筆頭である「鍼灸」が刺激する“経穴けいけつ”、または「ホメオパシー」が振盪しんとうするレイヤーは、この「エーテル体」に該当すると考えています。物理学、哲学におけるエーテルとは別です。

それらは現代の科学では観測できない、触れられない(存在しないとされている)ボディです。しかし、電磁力では計測できる“何か”が存在しています。

その場、すなわち「エーテル体」はホログラフィックなエネルギーの鋳型であり、発達途上におこりうる組織損傷を修復するための道路地図としてだけでなく、胎児の空間的組織化にかんする情報を保存した鋳型としてはたらいている。

(中略)こまかくしらべようとしたバーは、サンショウウオの発生初期から電場の形態の変化を記録しはじめた。そして、その電場がすでに未受精卵の時期に生じていることを発見した。この発見は、その当時の生物学や遺伝学の正統的理論とは矛盾するものだった。

『バイブレーショナル・メディスン』リチャード ガーバー(著)|上野 圭一、真鍋 太史郎 (訳)

階段なら「肉体」が1階、次の「アストラル体」が2階のとき、「エーテル体」は1.5階です。ホロスコープで例えるなら「肉体」が月、「エーテル体」は地球、「アストラル体」は惑星に該当すると考えています。

②感情≒アストラル体

わたしたちが日々、上がったり下がったりしている「感情」です。一般的には「好きと嫌い」でしょうか。それは近づきたい気持ちと、遠ざけたい気持ちです。よりフラットに表すため、「遠心的」な作用と「求心的」な作用という表現に留めました。

「心」と呼ばれる、目には見えない肉体が持つ引力の陰陽です。

一般的に「好き」が良いもので「嫌い」は悪い感情とされがちですが、どちらも有用で必要です。

なお、この「感情」には階層があります。分かりやすく先ほどの「肉体」で例えると、陰陽(自律神経バランス)が乱れた「感情」は低次、健康な状態にある「感情」が高次です。

コハ
コハ

わたしはこの高次「感情」「アストラル体」と呼んでいます。ですから、無自覚に生きている人に「アストラル体」は生まれません。感情に振り回され、無分別に吐き散らす。それは感情に使われる生き方です。第二の体がアヤフヤなままなのです。

占星術で言えば、パーソナル天体に当たるゾーンでしょうか。星に振り回される生き方か、星を受け入れ意識的な生き方をするかで「アストラル体」の有無が分かれると考えています。

この第二の体に対応する意識は「反射的反応」です。

これまでに蓄積した記憶や印象から、咄嗟に「好き or 嫌い」、なんとなく「近づきたい or 離れたい」が生み出されます。それは幼少時からの刷り込みや、子どもの頃の癖(月=肉体記憶)による幻想です。

意識的に自覚すれば、その心の動きを精査してみたり、自分に問いかけることもできます。そうして過去ではなく“今”の自分で確認すると、その対象は変わらないのに、生まれてくる「感情」は変化します。これが高次の「アストラル体」だと考えています。

③思考≒メンタル体

これもそのまま、日々、思い巡らせる「思考」です。わたしは、この陰陽を「男性性」「女性性」に分類しています。

やはり、この「思考」にも階層があります。陰陽(男性性と女性性)が動的平衡になく、片方だけに偏っている「思考」は低次で、双方に意識が回っている状態が高次です。

「男性性」作用の「思考」は問題を「解決」して立ちはだかる壁を打破しようとします。「女性性」作用の「思考」は他者を「理解」して壁を溶かし、共に進もうとします。

仮に同じテーマに関心を向けたとしても、それぞれ対象を弾こうとする働きと(解決するには、離れて観る必要があります)、対象に一体化しようとする働き(自分が相手になろうとしなければ理解は生まれません)とがあります。

よく「男性性」「女性性」の統合が大切だ、と言われます。その現象が指す状態は、解決と理解どちらにも心を砕いたときに初めて生まれてくる瞬間やバランス、そしてその「思考」を意味していると思います。

コハ
コハ

わたしはこの高次「思考」「メンタル体」と呼びます。ですから、やはり無自覚に生きている人に「メンタル体」は生まれません。思考に振り回され、自分や相手を決めつける人たちです。

占星術で言えば、ソーシャル天体に当たるゾーンでしょうか。自分を意識的に生きても、より大きな木星や土星が生み出す社会を変えることはできませんから、自分はどのように関わるのかを問われます。社会や共同体に向けて特に展開されるイメージを持ちます。

この第三の体に対応する意識は「分析的反応」です。感覚や感情を避け、思考で判断しようとします。低次と高次で、反応が変わり、どういった「思考」を持つか、外に生み出すかが異なります。

④霊体≒コーザル体

「霊体」は通常、意識できない第四の体です。

第一の体から第三の体は、低次の状態であれば人間に備わっていますが、この第四の体は「見えないものは存在しない」現代を生きるわたしたちは特に、みずから意欲的にエネルギーを向けないと感じられない、顕れてこない体です。

グルジェフ
グルジェフ

すべての人間は第一番、第二番、第三番として生まれる。
人間第四番、、、、、は生まれついてのものではない。彼は第一、第二、第三番として生まれ、ある特定の性質の練磨の末初めて第四番となるのだ。

なので実際のところ、思いを巡らせて意識的に感じる体というよりは、これまでの人生を俯瞰して眺めたときに顕れてくる「わたし」だと思います。

第四の体に対応する意識は「スピリチュアル・クライシス」です。魂の闇夜とも呼ばれています。

人は表層で生きることもできる。魂の闇夜を避けることもできる。
だが、魂の闇夜を避けるならば、自分のなかに秘められた宝を目にすることもない。

自分の生の意味、存在の意味のすべてに対して、背を向けることになる。だから、聡明な人は、挑戦を受け入れ、際限なく続くかのように見える、この暗いトンネルに入っていく。だが、ある日、必ず、このトンネルは終わるのだ。このトンネルを通過して逆の側に行った人々がいることを知り、勇気をもって進むならば……。

これが師と共にあることの美しさだ。少なくとも一人の人間が、このトンネルを抜けたところにいて、そこから自分を呼んでいることを、あなたは理解できる。トンネルに入らなければ、それを抜けることはできない。それを迂回する道はない。

世界には、無数のイカサマ教師がいる。彼らは、闇を迂回する方法、苦しみと悲しみを通り抜けることなく、ただ単純に悟りを開く方法について教えるのを仕事にしている。超越瞑想とか称して、特定のマントラをくりかえして唱えれば、覚醒した魂になるといった方法を教えている。そこには何の脈絡もない。それは真のワークではない。

―― Osho: Conscious Suffering and Unconscious Suffering

具体例としては、人生におけるショック体験です。

死別、別離、喪失。病、破産、困難。あらゆる不幸と呼ばれる出来事。占星術でいえば、トランスサタニアン天体(天王星、海王星、冥王星)によって引き起こされる「思いもしなかった転機」が訪れたときに、わたしたちは強烈に「自己」を感じます。

この自覚の有無に、地球年齢は関係ありません。
小さな子どものときから、これらの作用が強く効き、第四の体を発達させざるを得なかった人もいるはずです。60を数えるまでこの生を過ごしてきたのに、ほんの少しも「霊体」に触れなかった人も多くいるかもしれません。

名の通り霊的次元なので、陰陽に分かれているものではないのですが、わたしたちの自意識は三次元にあり、そこから見たときに顕れてくるのは「分離」「結合」に感じられるドラマです。

わたしたちがはなはだしい恐れを覚えるのは、分離にあるときです。
至福を覚えるのは、何かと結びあった結合のあるときです。

人間目線で見ると、どうしても「分離」としか思えないショック体験。ですが、その痛みのおかげで、それまで膠着こうちゃくしていた関係や縛りから解き放たれて、新たな人生を歩みだす人がいます。もはや余分な「他者目線」を削ぎ落とし、「わたし」との強い「結合」に帰還した人です。

コハ
コハ

自分の人生をどう生きるのか?? 「死」を意識したとき、わたしたちは「生」と対面します。そうした目線で自分を振り返ったとき、これまでとはまるで違う印象が湧き起こってきますよね。

⑤セルフ(魂)

セルフ

ここまで述べてきた、4つの体が一致している状態(瞬間)を指しています。

そうした状態であるとき、より高次のスピリットから受け取る情報や、降りてくる息吹が「霊感・インスピレーション」です。

ケン・ウィルバー
ケン・ウィルバー

「わたしは心と身体と感情をもっている、、、、、
だが、わたし心と身体と感情ではない、、

(中略)実際的あるいは礼儀上の目的で、一時的に社会的な建前を選んだ場合には、いつでも仮面をかぶることができる。だが当人はその役割に慢性的に錨を下ろしているわけではない。

かつて当人は他人に対しても――これが問題なのだが――自分自身に対してもその建前を捨てることができなかった。ところがいまでは、状況と自分の判断次第でそれを使うことができる

コハ
コハ

その人、「魂」そのものが輝いて創造的に自らの人生を生きている状態です✨ 肉体や低次の感情、思考から始まった人生ではなく、4つの体が一致した、高次の思考と感情から肉体を使いこなした生き方です。

例えば彼の歌を聴くために集った人々が強烈な一体感を覚える、ライブ会場全体を包み込むようなアーティストのパフォーマンス。あるいは体中を使って全身全霊で伝えようとしているダンサーの姿。

嘘や見栄、焦りや攻撃心や罪悪感はなく、まるっと全ての「わたし」が一つに向かっている瞬間。そんなとき、その人は「ならでは」の抗いがたい強い磁力を放っています。

なぜなら、上の次元である「ハイアーセルフ」と通じているからです。
だから「ああ、他者ですら、わたしなのだった!」という、まるで源と溶け合うような、圧倒的な感触を覚えるのだと思います。

そうした物、人、創作物を、わたしたちは「美しい」と感じます。その光の濃さに励まされ、その光を鍛え上げるまでの旅路を思うと涙がこぼれてきます。

そして、わたしも自分を生きよう! と、生きる力を鼓舞されます。

肉体レベルからの、進化の螺旋

霊的レベルでは低次に落ちていき、新たな「創造」を螺旋で描いてきました。反対に、肉体レベルから高次を仰ぎ見たとき、それは「進化」を螺旋で描きます。

人間
目に見えない体
精神
最も振動数が低い
肉体
精神(Mental)肉体(Physical)
考える感じる活動休息
男性性女性性壊す作る
解決、分離共感、結合交感神経副交感

クリスタライズ・シップが意味する「魂の自由」

ここ、coha design が掲げている「クリスタライズ・シップ」は、わたしたち1人ひとりが「霊体」を持つことを前提に、そのレベルから降ろした「メンタル体」、そして続く「アストラル体」を見ようとします。

そんな両者の、関わるコミュニティの、ひいては世界全体の「魂の自由と霊的尊厳」を尊重し合う、フェアなコミュニケーションを意味しています。

タイトルとURLをコピーしました